PEOPLE

三橋 佳明:サービス企画 三橋 佳明:サービス企画

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

「変えるなら今」の気運が満ちている。

サービス企画

サービス企画部

三橋 佳明

店舗側にできることの限界を感じて。

かつて、私はショッピングモールに出店する店舗の運営に携わっていました。その後、ECコンサルタントとして複数店舗の運営に関わるようになりましたが、店舗側の立場でできることの限界も感じるようになりました。たとえば、ショッピングモールの機能に不満があったとしても、自分たちではどうしようもありません。そこで、「自分たちのサービスを自分たちで改善していきたい」という思いから、ショッピングモールを運営していた当社への転職を決意しました。ショッピングモールで「できること」の幅広さや、可能性の大きさに加えて、応募から採用までのスピードが非常に早かったことにも驚き、スピード感を持って働ける会社だと感じられたことも入社の後押しになりました。
※2016年12月、KDDIはディー・エヌ・エーと同社の子会社であるモバオクから株式を譲り受け、KDDIコマースフォワードを設立。「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」を担当していた社員は、当社に転籍した上で同業務に携わっている。

やるべきことは、無限にある。

現在は、出店店舗さまが利用する機能の改善やショッピングモール内の検索機能の改善に取り組んでいます。ブランドが生まれたばかりの今、やるべきことは無限にあると言っても過言ではありません。中でも、商品カテゴリの改善は特に大きくフォワードした事例です。従来の商品カテゴリは、オークション時代につくった商品カテゴリを引き継いでおり、店舗様が実際に販売している商品を網羅しておらず、結果としてユーザーも商品を探しにくいという状態でした。商品カテゴリ商品カテゴリなかなか着手することができなかった領域でしたが、社内に協力を仰ぐと10数人のメンバーが手を挙げてくれ、連携しながら改善に取り組むことができました。。日々私たちが繰り返している改善策の1つひとつは、小さな”Wow!”かもしれませんが、それが積み重なれば大きな”Wow!”となり、多くのユーザーに喜ばれるサービスになるのだと信じています。

セクションを超えた連携が生まれる。

現在の社内は、出店店舗さま向けの管理システムの機能改善をはじめ、さまざまな機能に関しても、イチからつくり直そうと言わんばかりの気概で、まさに一人一人がフォワードしていると感じます。私は、自分の強みは行動力にあると自認しているのですが、こちらが情熱を持って行動すると、必ず気持ちに応えてくれる人たちがいる。新しいブランドとしてWowma!が始まったこともあり、「変えるなら今だ」という雰囲気に満ちていますね。また、商品カテゴリ改善の際にさまざまなメンバーが手を挙げてくれたように、当社にセクショナリズムといったものはまったくありません。待ちの姿勢ではなく、自分から仕事を生み出せる人にとっては、活躍のチャンスに満ちていると思います。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | サービス企画