PEOPLE

早川 勇輝:エンジニア 早川 勇輝:エンジニア

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

技術で、“Wow!”は生み出せる。

エンジニア

編成部 クリエイティブグループ

早川 勇輝

「つくるだけ」では、満足できない。

Webの制作会社やフリーランスなどを通じて、フロントエンドのエンジニアとしてキャリアを積んできました。一貫して「技術を高めていきたい」という思いを持ち続けていたものの、さまざまな経験を積んでいくうちに、制作だけでは狭い範囲にしか携われないとも考えるように。そのため、これからはサービス運用にも幅を広げていきたいと考えて、自社でサービスを運営しながら、技術力の高さで評判の良かったディー・エヌ・エーに転職しました。ディー・エヌ・エーはカンファレンスなどで盛んに情報発信していたため、非常に高い技術力を誇っているという印象があり、つくったものに対してユーザーからのフィードバックが頻繁に得られる点にも魅力を感じました。
※2016年12月、KDDIはディー・エヌ・エーと同社の子会社であるモバオクから株式を譲り受け、KDDIコマースフォワードを設立。「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」を担当していた社員は、当社に転籍した上で同業務に携わっている。

自らが主導し、開発環境を進化させていく。

お客さまに感動を与えるUXを実現するため、フロントエンドにおける開発環境の構築に携わっています。「Wowma!」として生まれ変わったばかりの現在は、サイト統合に関する業務を中心に行いながら、さまざまなチューニングを行っているところです。課題は多くありますが、逆に言えば個人の裁量によって活躍できるチャンスも多くあるということ。たとえば、私がgitの導入と推進を行ったことで開発環境は大きく改善し、今ではgitなしでの開発は考えられないほどになりました。また、新しい技術やフレームワークの選定などにも積極的にチャレンジしており、技術面からサービスの進化を支えることで、ストレスなく買い物できるという“Wow!”を生み出していきたいです。

最新技術をキャッチアップし、サービスに還元。

当社にマッチするのは、自分の世界を持っていて、より良いものをつくるために意見を交わせる人。特にフロントエンドは、さまざまなコミュニティなどで盛んに議論が交わされている活発な技術領域です。最新の技術に常にキャッチアップし、それを積極的に社内に還元するマインドを求めたいと考えています。その点、当社のクリエイティブグループではディレクターやデザイナーが一体になっているため、密接に連携を取りながら業務を行っています。こちらから相談を投げかけることもあれば、逆に技術面で相談を受けることも日常的にあります。すぐに話ができる環境があり、すぐに応えてくれる仲間がいることも、当社の良さだと感じています。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | エンジニア