PEOPLE

簗瀬 信也:ディレクター 簗瀬 信也:ディレクター

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

クリエイティブが、サービスの価値を高める。

ディレクター

編成部 クリエイティブグループ

簗瀬 信也

制作会社で経験を積み、自社サービスへ。

複数の制作会社でデザイナーやディレクターとしてキャリアを積んできましたが、ECサイトに携わったときに、ユーザーの反応がダイレクトに感じられるところに興味を持ち、レディースファッションのECサイトに携わるようになりました。やがて、もっと大きな舞台で挑戦したいと考えるようになり、当社に転職。制作会社にいたときは、クライアントのビジネスに携わるので、本当にやりたいことはなかなかやりづらいと感じていましたが、自社サービスであれば自分の意見を通しやすく、クオリティも自分たちでコントロールすることができます。モールというのは、制作会社でスキルを磨いた後の選択肢としては、非常に良い場所であると感じています。
※2016年12月、KDDIはディー・エヌ・エーと同社の子会社であるモバオクから株式を譲り受け、KDDIコマースフォワードを設立。「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」を担当していた社員は、当社に転籍した上で同業務に携わっている。

質の高いコンテンツが“Wow!”を生む。

ECサイトでは、商品を手にとって見ることができません。だからこそ、クリエイティブの役割はきわめて重要で、いかにお客様に欲しいものをより便利に見つけてもらい、サイトを見ているだけで楽しんでもらえるようなデザインや、写真の見せ方などにこだわるようにしています。テンプレートなどで効率化を図るのは大切なのですが、私が入社してからは、ただ商品が並んでいるだけにならないよう、クオリティを高める取り組みを行っています。加えて、キャンペーン企画は他社よりも早くリリースするなど、競合サービスの中で存在感を高めるための施策も行っているところです。「Wowma!」はまだまだブランドとしては未熟な面もあるため、今後業界内で認知度を高めていくため、クオリティの高いコンテンツをつくり、驚きと感動——つまり“Wow!”を提供していきたいと思っています。

チームとともに、新たなブランドを育てていく。

クリエイティブチームの特徴として、自分たちのサービスに愛着を持っている人が多いと感じます。自分たちの立てた企画の成績が悪いと悲しいし、反応が大きいと嬉しいですよね。そうした反応がダイレクトに感じられるため、サービスに愛着を持ちやすいのだと思います。しかも、今はブランドが生まれ変わったばかりで、全員が全力でチャレンジしているタイミングですから、チームとしての一体感も非常に強固です。責任感の強いメンバーに囲まれており、純粋に楽しいですね。グループの基盤がありながら、強いチームと一緒に新しいサービスをつくりあげていく体験ができるのは、なかなかない貴重なチャンスだと思います。今、この場所で積んだ経験は、必ず自分のためになるはずです。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | ディレクター