PEOPLE

弘島 晃:エンジニア 弘島 晃:エンジニア

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

エンジニアがECを進化させる時代に。

エンジニア

サービス企画部

弘島 晃

エンジニアとして一連の経験を積み、新しい舞台へ。

1社目の企業でSEとして企画や開発からアーキテクトまでのキャリアを積んだ後、大手エレクトロニクスメーカーでグローバルでのIT基盤の最適化や、写真・動画共有サービスの開発などを担当しました。事業規模はきわめて大きく、さまざまな国の多様な人材と一緒に仕事ができたことは良い体験になりましたが、サービスがローンチされて運用フェーズに入った後、成長著しかったディー・エヌ・エーに転職。経営企画部のIT戦略部で広く経営基盤を見た後、EC事業に移り、エンジニアやクリエイターのマネジメントやEC内での新規事業の開発などを行うようになりました。そして現在、KDDIコマースフォワードにてサービス企画の部長を担当しています。
※2016年12月、KDDIはディー・エヌ・エーと同社の子会社であるモバオクから株式を譲り受け、KDDIコマースフォワードを設立。「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」を担当していた社員は、当社に転籍した上で同業務に携わっている。

競合サービスに対して、1日でも早くキャッチアップする。

サービス企画部の目下のミッションは、「Wowma!」が1日でも早く競合サービスと対等に戦えるようキャッチアップすること。そのため、私はメンバーに対しても、常にフォワードを奨励し、それをサポートするマネジメントを実践するように心がけています。制約やストップは一切設けず「まずやってみる」姿勢を尊重しています。しかし、既存サービスと同じことをやろうとは考えていません。サービス企画において私たちが重視しているのは、ユーザー目線。お客さまの期待を、半歩でも、0.1歩でもいいから超えること。ただ安いものを比較して買うだけのお買い物ではなく、驚きや感動できる体験をお客さまに提供することが、私たちの“Wow!”なのだと考えています。

技術でECを変える、サービス志向のエンジニアを求む。

今後、商品の買い方や探し方は、テクノロジーによって変化していきます。エンジニアの手によって、新しいお買い物体験を生み出されることも充分に考えられるでしょう。そこで、これからの時代に求められるのは、サービス志向を持ったエンジニア。技術はあくまでもサービスを実現するための手段だという意識を持ち、AIや画像認識技術、動画コマースなど、テクノロジーを生かしたサービスをエンジニア主体となってつくりあげて欲しいと考えています。また、当社ならではの部分としては、KDDIのアセットを活用したIoTの施策も大いに可能性がある分野でしょう。単にECのショッピングモールを開発・運営するだけではない、大きな広がりのあるステージが待っています。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | エンジニア