BUSINESS

事業部長が語る未来 事業部長が語る未来

Future

from Division Manager

事業部長が語る未来

Profile

大手通信会社のグループ企業でグループ向け物販を担当。より広いステージを求めて当社に転職。auショッピングモール事業の責任者を経て、現在は人事部門とサービス開発の責任者を兼任している。

コンサルティング会社にて勤務後、ディー・エヌ・エーに転職。「モバオク」、「モバゲー」、「DeNAトラベル」など幅広い事業を経て、現在は玉木、今治と共同で事業全般を統括している。

求人メディアの運営元で首都圏の営業統括を担当した後、ディー・エヌ・エーへ。現在は、新規加盟店獲得に向けた営業部隊を統括し、「Wowma!」の商品バリエーションの充実に取り組む。

コンサルティング会社勤務後、ディー・エヌ・エーに転職。BPRやシステム導入のプロジェクトマネジメントを担当。現在は営業推進をミッションとして、営業が活躍できる環境づくりに従事。

KDDIに入社後、経理として資産管理や外部投資家向けの連結決算の取りまとめなどを経験した後、KCF設立にあたり、コーポレート部門の組織編成や役割の構築などに携わっている。

大手ECサイト運営会社にてECコンサルタントや新規事業の営業統括を経験し、当社に転職。事業戦略から編成、企画、マーケティング全般などの領域を統括する。

「利便性」一辺倒のECを変えていきたい。

今治:
世の中全体として、「EC=利便性」になっていますよね。でも、自分たちはその流れを変えたいなと。お買い物って本来楽しいものじゃないですか。それを後世に残していくサービスをつくりたいなと思っていて。

土屋:
以前、今治さんと話したのは、昔のECの方が綺麗じゃなかったし、雑多だったよねって。でも、商品を探して見つかったときの喜びは昔の方が大きかった。欲しい商品に向かって直線的に買うのが当たり前になってきているけど、極端な話、欲しいかどうかよく分からないものを提供してもいいんじゃないか。モールはもっと自由でいいんじゃないかと思います。

藤井:
個人的には、せっかくKDDIグループなんだから、もっと電話を活用してもいいんじゃないか、と思っています。というのも、スマホを持っていない高齢者も多いですし。自分が欲しいものを、ぼんやり思っている段階で相談みたいに電話したら答えてくれるとか、そういうサービスがあってもいいのでは。応対するのはAIでもいいかもしれないし。

玉木:
AIも技術次第では全然ありえますよね。そういえば、ネットでものを買う理由のひとつでもあるんですが、店で話しかけられたくないっていうのがありますよね。黙って選ばせて欲しい。でも、いざ決断するときにはちょっとしたアドバイスも欲しいという(笑)。ユーザーのそういうニーズを、自分たちがどれだけ掬い取れるのかも大切。

田中:
たしかに気持ちは分かります(笑)。アドバイスや後押しは重要ですね。自分でいろいろ検索すれば分かることもあるんでしょうけど、やっぱり自分で調べても分からないことは沢山あります。お客さまが何を望んでいるかが一番大事ですから。

後藤:
そもそも何を買ったらいいか分からないっていう状態もありますよね。たとえば、僕は25歳で子どもが生まれたんですけど、周りの同期はまだ誰も子どもがいなかったから、何を買ったらいいのか相談する相手がいなくて。今思うと、余計なものも一杯買っちゃいました。

土屋:
藤井さんの話に関して言うと、コミュニケーション手段としてチャットが増えているのも、近い背景があるのかもしれないですね。ネットだけで完結しないコミュニケーション手段は、これから必要になってくるのかもしれない。

ゼロからチャレンジできる、稀有なフィールドがここに。

藤井:
世の中のコマースはみんな合理化に向かっています。でも、みんなが同じ方向に向かっているんだったら、それは僕らの戦う方向じゃないと思う。ショッピングの王道だからモールの事業をやっているけれど、それ以外の広がりもあるはず。KDDIのリソースも生かしながら、広がりを持ってやっていくのが自分たちのやり方かなと。

田中:
現在は、KDDIグループとして大規模な投資をしている時期です。出資の目的としては、auユーザー以外のお客さまにも接点を持てる、ということがありますね。au以外のお客さまに、いかに自分たちのサービスを利用してもらえるのか。投資の規模感と裁量のバランスを見ると、他にない珍しい環境だと思います。

土屋:
他の競合サービスは出来上がっていて、そこに攻め込んでいくわけですから、当社は安定志向の会社ではありませんよね。今はドグマの状態ですが、ゼロの段階からサービスを立ち上げられる体験はそうそうないはず。そこに賛同してくれる人であれば、非常に面白い会社です。

玉木:
とは言え、安定感が増したのも事実。ベンチャー気質を残しながらも、腰を据えて業務ができるところも珍しい点です。カルチャーとしても減点主義の会社ではないし、間違いが起こっても誰かのせいにせず、全体の問題として向き合うのも良いところだと感じます。

今治:
たしかに風土として、とにかくみんな真面目。責任感を持って仕事をしますよね。ヒトではなくコトに向かうカルチャーがあって、誰が言ったかよりも、何を言ったかを重視する。それに、自分も含めてECが好きな人が多いですね。

後藤:
たしかに“自分ゴト”の気持ちを持って行動できるメンバーばかりです。それでいて、頑固というわけでもない。ECで何か新しいことをやりたい、業界に風穴を開けたいという思いを持っているメンバーが多いから、会社としてフォワードできているんでしょうね。

あらゆる切り口から、世の中に貢献できる可能性がある。

土屋:
僕はいろいろな事業に関わってきたんですが、ECの魅力は、やったことが確実に積み上がって、将来につながるところだと思います。ECは世の中にとって大事なものだし、確実に貢献できる。生活を豊かに、そして便利にしている。世の中に貢献できるビジネスの真ん中にいる感覚があります。

田中:
世の中の何人のお客さまが買ってくれているのか具体的に見えるというのは、ネットならではの醍醐味ですね。リアルにものが売れていく様子を感じられるのは、本当に面白いと思います。

藤井:
数万人の人たちが毎日お買い物してくれているわけですから、その光景を想像したらすごいですよ。しかも、お客さまの数だけお買い物があるわけで、それも考えてみるとロマンティックです。

今治:
たしかに、部屋中一杯の商品が30秒で全部売れたりするのはECでしかできないことです。ECでは、リアルの店舗ではありえない金額や量があっという間に動きますよね。インパクトのある事業に関わっているなと感じます。

玉木:
もはやECは一種のインフラと言っても過言じゃありませんね。その上、制約がないのも面白いです。サイトのクリエイティブを変えることもすぐにできるし、トライアンドエラーのスピードは圧倒的に早い。

後藤:
ECが今後伸びていく産業であることは間違いないでしょう。それに、今は物販ですが、将来的には物販以外にもサービスを広げられる可能性があります。ECを皮切りにして、世の中の不便を解決できるかもしれない。

藤井︰
取引が発生すれば、それはもうコマースと言っていいんだから、広がりは大いにあります。その点においては、自分が何を成し遂げたいかが重要。数年後にマーケットを変えるため、意思を持って参加して欲しいですね。

BUSINESS | スペシャル座談会