PEOPLE

井田麻美:ECコンサルタント 井田麻美:ECコンサルタント

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

売上向上のため、ストレートに意見をぶつけ合う。

ECコンサルタント

ECコンサルティング部

井田麻美

成長企業で、自分自身も成長するために。

ファッションが好きで、新卒でカタログ通販会社に就職。最初はMDとして勤務していましたが、たまたまECサイトのMDを経験したときに大きな可能性を感じ、強く希望して同じ会社の新規事業であるECサイトにバイヤーとして携わるようになりました。カタログと比べたECの特徴は、スピードが圧倒的に早いところと、アプローチの手法が幅広いところ。各ブランドの見せ方や企画提案など、幅広い業務を経験するうちにECに夢中になっていき、もっと踏み込んだ専門知識やマーケティングの知識を身につけたいと考え始めたことから、転職を決意。自分自身がより成長できる環境に身を置きたく、大きな可能性を秘めた当社へ転職しました。

知識は足りなくても、店舗さまの気持ちは理解できる。

ECコンサルタントの役割は、店舗さまと一体になって売上アップに向けた施策を立て、販促の提案などを行うことです。私の場合、前職は物ありきのビジネスだったため、PVやCVRなどの数字を分析して売上を伸ばすノウハウはほぼありませんでした。苦労する場面もあるものの、一方で前職の経験が生きていることもあります。それは、商品の原価率がいくらなのか、出品するのにどのくらいのコストがかかるのかといった、店舗さま側の事情が理解できるということ。店舗さまからの信頼を得る上では重要なことだと感じています。また、知識が不足しているなかでも、他モールの成功事例を即座に「Wowma!」に反映させることで、ある商品の流通量を2倍に拡大させるという「フォワード」した事例もつくることができました。

ストレートに意見をぶつけ合うカルチャーが魅力。

もう一点、前職との大きな違いで言うと、若い社員が多く、活躍していることが挙げられます。社内では「発言責任」という言葉がよく飛び交っており、全員が積極的に自分の意見を発言しています。ストレートに意見をぶつけ合うため、激しい議論になる場面もありますが、むしろ好ましい風土だと感じています。一方、個人の目標数字を達成できたときには、チームのみんなが嫌味なく自分のことのように喜んでくれるのも、魅力的なカルチャーです。「まずやってみる」という姿勢が重視されるため、主体性を持って行動できることは必須となりますが、そうした姿勢を持っている人にとっては非常に活躍しやすい環境だと思います。仲間たちと成功事例を盛んに共有しながら店舗さまと向き合うことで、日々成長を実感しています。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | ECコンサルタント