PEOPLE

後藤 圭助:新規営業 後藤 圭助:新規営業

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

大手の牙城を崩す快感を、もう一度。

新規営業

MD営業部

後藤 圭助

かつて体験した、事業拡大の実感を追い求めて。

前職では求人メディアの運用元で広告営業として勤務し、首都圏の全エリアの責任者を任されていましたが、組織とサービスが大きくなっていくのに伴って、守りの姿勢が全体的に強くなってしまった感覚がありました。もともと、メディアの知名度が低い状態から拡大に推し進めていくところに醍醐味を感じていたのですが、その感覚が味わえなくなってきたところに寂しさを感じていたときに出会ったのが、当時の「DeNAショッピング」です。当時、サービス自体はほとんど知らなかったのですが、関わっている人たちの思いが強く、既存の競合サービスの牙城を崩していくという意味では、かつての思いをまた体験できそうだと感じ、新しい世界に飛び込むことにしました。
※2016年12月、KDDIはディー・エヌ・エーと同社の子会社であるモバオクから株式を譲り受け、KDDIコマースフォワードを設立。「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」を担当していた社員は、当社に転籍した上で同業務に携わっている。

フォワードするために本気で考え、実行できる。

当初、私が想像していたよりも、ECの世界は複雑でした。商品が売れて終わりではなく、届けるまでの流れもある。その上、店舗さまに対しては、経営状況にまで踏み込んでいく必要もあり、商売としての難しさがあると感じています。さらに、当社は競合サービスに追いつくために、常にフォワードし続けないといけない。最近の例で言うと、「Wowma!」が数年後にめざす姿になるために、営業の戦略とミッションを変更したことがあります。それによって、数字の上での成長は一時的に鈍化することが予想されましたが、より大きな視野で前進するためには必要な変更であるという決断でした。フォワードするために本気で考え、実行できるところに、攻めの姿勢を持った当社の魅力を感じています。

自分ゴトとして行動できる、人間力を持った仲間たち。

店舗さまと正面から向き合うためには、「人間力」とでも言うべき力が必要となりますが、その点こそ、当社が他の競合サービスに比べて優れている点だと思います。規模では他のサービスに追いついていない点があっても、「この人と付き合っていれば良いことがある」と思ってもらえる人物であること。当社は、そんな社員が多い会社だと感じています。また、これは転職して驚いたことでもあるのですが、やれることを120%の力でやり切ろう、困難な状況でもやれる方法を考えよう、という姿勢の社員ばかりが集っています。人の魅力は想像以上でした。目の前の課題を“自分ゴト”として行動するのが、当社の特徴的なカルチャーです。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | 新規営業