PEOPLE

倉井 一丸:サーバサイドエンジニア 倉井 一丸:サーバサイドエンジニア

What‘s

Your “Forward” & “Wow!” ?

開発体制さえも、ゼロからつくり上げた。

エンジニア

モール開発部

倉井 一丸

新しい刺激を求めて、“ゼロ”の環境へ。

前職では旅行関連のサービスを運営する会社で約10年間エンジニアとして勤務し、サーバサイドの開発を中心にネイティブのアプリ開発やインフラ回りなど、さまざまな経験を積みました。しかし、やりたかったことはやり切ってしまい、良くも悪くも安定していたため、新たな刺激を求めて当社に参加。設立からも間もない時期ながら、KDDIのバックボーンをもとにECに挑んでいくというフェーズで、大きな“うねり”を感じられました。当時の内製開発の体制は、何もない“ゼロ”の状態。まずは開発体制をつくるところから始めなければいけません。そこで腰が引ける人もいるかもしれませんが、私はむしろやる気が高まりました。きっと面白いことができる、刺激に満ちた場所に違いない、と。

チャレンジングなテーマは、無数に存在している。

「Wowma!」のシステムは、前身のサービスの時代から長年にわたって稼働してきたものであり、そこには広大で深淵な世界が広がっています。その仕様を解きほぐし、新しいアーキテクチャで「Wowma!」を構築していくのが私のミッションです。新しい言語やサーバで作り直しています。言語はKotlinを採用し、より少ないサーバリソースで爆速のレスポンスを生み出すためリアクティブプログラミングにも挑んでいます。そのほかにも、検索やビッグデータ、セキュリティ、パフォーマンスなど、エンジニアとして挑戦したくなるテーマが一通り揃っています。前職では経験できなかった分野の技術や課題が多く刺激的な日々を過ごしています。

エンジニアにとって面白いフェーズがやってきた。

サービス開発部には、ゼロベースから立ち上がったばかりの組織としての良さが現れていると思います。私が入社してしばらくは、エンジニアとして働ける環境が存在せず、開発は外注に任せてマネジメントに回らざるを得ない時期が続きました。何とかして内製体制を構築したいと調整を続けてきた結果、少しずつ内製環境が整ってきて、ようやく自分たちのサービスを自分たちで作れるようになりました。それはそれでよい経験でしたが、エンジニアとしてはこれからがスタートで、本当に面白いフェーズに入っていきます。当社にはベンチャー企業のようにダイナミックな展開があって、さまざまな経験を積むことができます。「やりたい!」と思うことを本当に実現できるチャンスの多さが、当社の魅力です。

※業務内容は取材時時点の内容となります。

PEOPLE | エンジニア